トイレの黒ずみ対策!原因や効率の良いお掃除方法を知ろう

>

酸性とアルカリ性

落ちにくい汚れ

トイレの掃除方法は、他のバスや洗面所の水廻りより汚れの成分が特殊になるのも、尿からの汚れや尿石のせいです。
毎日掃除がいきとどいているお宅もあります。
一通りの手法で闇雲に洗剤をたくさんつけてゴシゴシ洗ったからといってキレイになるとは限りません。
限られたスペースの閉塞感と掃除の難しさから、ますますトイレの掃除が嫌いになるかもしれません。
その分、キレイに掃除できた時には、よく使うスペースでもあるので感謝もされ、掃除の満足感は大きいかもしれません。
トイレの汚れには、黄色く汚れるのと、黒ずんだり黒い箇所がある汚れがあります。
すべてのトイレの便器の汚れを、洗剤を使って簡単にスポンジで掃除しても、落ちにくくキレイに見えません。
黄色く汚れるのは尿からと尿石からで、黒ずんだ汚れは混合した汚れです。
トイレの経年劣化の理由だけではなさそうです。

洗い方

トイレのアルカリ性の汚れだからと酸性のトイレ用の洗剤で洗ってみて、少しは掃除できても、すっきり全て汚れが解消したように見えない場合は、時間をおいてみる方法をとります。
トイレットペーパー等に、酸性のトイレ用の洗剤を染み込ませ、トイレの便器に全般に湿布するように張り付けて数分おいておく方法です。
汚れが、湿布した酸性の液体洗剤と中和するまで放置します。
汚れのひどい部分は、湿布した上から、酸性のトイレ用の洗剤をさらに多く垂らしておいて、トイレットペーパーで多量の洗剤を染み込ませて湿布します。
10分程度おいたあと、湿布したトイレットペーパーの一部をはがして掃除してみて、様子を見ます。
まだ取れ方が足りない場合は、さらに追加して洗剤を染み込ませます。
汚れが取れるまで試して、時間をおきましょう。


この記事をシェアする