トイレの黒ずみ対策!原因や効率の良いお掃除方法を知ろう

>

アルカリ性のトイレの汚れには酸性洗剤を

トイレ用のクレンザー

まだなかなか汚れが取れない場合は、酸性の強い洗剤を試したり、研磨剤が入ったトイレ用のクレンザーを試します。
その都度、水で洗い流したり換気をして、トイレ掃除に使う洗剤は複数の洗剤と混ぜない方が安全です。
トイレ関連製品の製造メーカーは、説明書の注意書きなどで、トイレの便器は陶器なので研磨剤入りのクレンザーなどを使うことを認めていません。
研磨剤入りのクレンザーなどを使って便器をこすりすぎると、せっかくの陶器に細かなキズができてしまう可能性が大きいからだそうです。
ツヤツヤ輝くトイレの便器の見た目にダメージがあり、汚れもつき易くなる可能性もあります。
研磨剤入りのトイレ用のクレンザーは、日本製があり、メーカーは有名です。

最終手段の掃除

汚れが取れにくい場合は、再度、トイレ機器の説明書を熟読しましょう。
最終手段はサンドペーパーなどで、黒ずみなどの汚れの箇所を削り落とすこともできます。
削り落とすことに一生懸命になり過ぎると、便器も削れて割れ易くなるそうなので気をつけましょう。
便器が割れてしまったら、掃除の意味がなくなります。
サンドペーパーは、取り扱っているお店も多いです。
サンドペーパーは用途に合わせて目のあらさを選び、トイレの掃除の場合は最も目の細かなものがいいそうです。
ダメージが少ない程度で、掃除の程度は調整する方が無難です。
日頃から毎日でなくても、できるだけこまめにトイレ用の洗剤もしくは重曹やクエン酸などで手早く掃除し、定期的に大掛かりに強い洗剤を使用して徹底的に掃除する習慣が、楽な解決法です。


この記事をシェアする