トイレの黒ずみ対策!原因や効率の良いお掃除方法を知ろう

>

混合の汚れの場合

様々な要因が重なった汚れ

トイレの黒ずみの汚れの原因は、カビと雑菌等の微生物の繁殖のせいでもあります。
カビができる原因は湿気で、トイレも通常湿っておりカビが繁殖し易くなります。
湿度が高いのと室温も関係します。
少し暑いと感じる程度の気温で、汚れの成分からカビの繁殖が進みます。
それにプラスして、水垢やホコリと混ざり、排泄物などの汚れもあって、混合して黒ずみの汚れがトイレの便器に付着してしまうようです。
クエン酸や重曹などから順を追って、強い酸性のトイレ用の洗剤を試す間に、一緒に黒ずみの汚れもある程度までは落ちます。
水垢は、地域の水道水に含有のケイ塩酸等です。
水垢は重曹などの研磨作用でこすってもキレイになります。
地域の水道水の成分も、鉄分が多く含有されている地域は水垢の汚れや鉄分が混合して酸化することで、黒ずみのように見えるのかもしれません。

他の水廻りでも

バスや洗面所の水廻りでピンクになっていると、酵母菌のロドトルラの繁殖のせいかもしれません。
カビより繁殖が早く、洗剤にも強い菌ですぐ広がります。
ちょっと掃除しただけではカビを全部除去できません。
微細な菌が残るせいで再度発生してしまうのが難点です。
バスでは石鹸カスから菌が広がってしまう特徴があります。
消毒と殺菌などを心掛けて、漂白剤などでもよく、エタノールで死滅します。
キッチンペーパーなどに、市販のエタノールを染み込ませて、ピンクのカビ菌や汚れを取ります。
酵母菌のロドトルラの発生防止のためには、温度と湿度を低くすることで効果が得られます。
発生し易い時は、バスの壁に冷たい水のシャワーをかけておいたり。
黒カビ防止の対策とは別に、状況に合わせて早目に対処しましょう。


この記事をシェアする